トントンCHA-CHA-CHA

雑記。妊婦です。

乾くるみ「イニシエーション・ラブ」感想

本は読んでも感想を書くのは苦手なのですが、練習も含めて書いてみます。ネタバレあり。

乾くるみイニシエーション・ラブ」読みました。
必ず二回読みたくなると噂のミステリー。

 

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

 

 僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説―と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。

映画化もされ話題になっているこの作品。もう一度読み返したくなる!という前評判のイメージが強すぎて、読む前から「叙述トリックなんだろうな~」と身構えてしまいました。身構えたところで普段あまりミステリを読まない私は騙されない自信もなく、まぁ考えすぎずに読もうかなと読書開始。

深く考えずに読むと淡々とした恋愛小説。登場人物に魅力を感じず、退屈な恋愛小説だなぁ...と思いながら読みました。
Side-Bに入ってから徐々にストーリーに違和感を感じ、最後まで読んで考えてなんとなくこういうことかなぁ?と思い、パラパラとページを繰って確認して、なんとなく納得して、確かに騙される構成ではあるけど読み返したくなるほどではないなぁと思って読書終わり。


なんとなく納得するだけでは不完全燃焼だったので解説サイトも読みました。
大枠で私の理解も間違っていませんでしたが、時系列でマユとたっくんのできごとがまとめられているのを見るのは興味深かったです。Side-AとSide-Bの期間が重なっているということは把握していましたが、AとBがどう影響しあっているのか、どのタイミングでどのできごとが起きていたのか把握することでパズルのピースがハマっていく感覚があったというか。
どの時期に何が起きていたのか知ると、退屈な恋愛小説に見えていた世界が意味を持ちますね。解説を読んでいるうちに味のなかった登場人物たちに魅力を感じ始め、たしかにもう一度読み返したい!と感じました。男も酷いけど女も強かだなぁ。


というわけで、読後のモヤモヤからじわじわ魅力を増してくる、あとから美味しくなる本でした。
ミステリが好きな人はこういうロジックがハマっていく感覚が好きなんですかねぇ?ミステリ好きの気持ちが少し体験できた気がする。


読後「もう一度読みたい」と思ったのは真実ですが実際には読み返してないです...1周目読んだ時の退屈な恋愛小説イメージが強くてまた頭から読む決断ができませんでした...。映画の評価が高いみたいなので映画を見てみようかなぁ。

 

話は変わりますが、電子書籍版にはあとがき解説がなかったのがさみしかったです。他の方の感想を読んでると、巻末解説にもいろいろ情報があったみたいなので。電子書籍派にもうちょっと優しい世界にならないかな...