トントンCHA-CHA-CHA

雑記。妊婦です。

子どもまだなの?攻撃

www.income-carnival.com

 

ある程度の年齢になると「結婚しないの?」攻撃を受け、結婚したら結婚したですぐに「子どもまだなの?」攻撃を受ける。
これから子どもが生まれても「二人目は?早くしないと大変よ~」攻撃とか、「子どもの進路はどうするの?」攻撃とか、一生何かしらの攻撃を受けて生きていかなければならないんだろうなと思っています。ほんとクソ。ほんっとクソ。


私も今は妊娠中ですが、結婚してから2年以上妊娠しなかったので「子どもまだ?」攻撃は存分に受けてきました。
別に子どもを持たない主義ではないですし、せっかく結婚したんだから子どもできたらいいなと思っていたのですが、そこまで焦らなくても自然に委ねたい思いもあり。できないもんはできないし。経済的な心配もありますし。


同居してる義母からの攻撃はなかなかしんどかったです。いつも夫不在で私一人の時にチクチク言ってくるのがほんっとうにストレスでした。私じゃなくて自分の息子に言えや!
私たち夫婦のいないところで義父に「うちにはコウノトリさん来ないわねぇ~」と話しているのが聞こえることもあり、うるせーうるせーそういうストレスも妊娠確率に影響するんだからな!!と一人でイライラ。

職場からの攻撃もつらいものがありました。女性は妊娠したら産休か退職かなにかしら仕事に穴を空けることになるからと、やたら子どもの予定を聞かれました。「こちらにも心の準備がいるから」と。そんなこと言われたって。
一時職場の同世代世帯がベビーラッシュになった時は、「○○さんも○○くんの奥さんも妊娠したらしいね~tonchaさんのとこは?」という悪意ない問いかけもたくさん受けるようになりました。行きたくもない職場の飲み会に会費払って参加してるのに、おじさん達から子どもを持つすばらしさを延々説かれ続けた日は、愛想笑い疲れと飲み過ぎた結果家に帰ってから大声で愚痴って荒れました(夫談。私はあまり覚えてない

 

 

子どもまだ?攻撃に対する愚痴を書いてたら長くなってしまった。

世間話のノリで子どもまだ?攻撃をしてくる輩は論外ですが、子どもまだ?と聞いてしまう身内や上司の気持ちも少し分かるんです。
自分が元気なうちに孫の顔が見たいと考える親は多そうですし、親戚の老人たちは「子どもを持って一人前」みたいに考えてる人多いですし。
職場だって、子どもを作らず仕事をしたいと考えている社員とそのうち妊娠して家庭に入ってしまう社員では対応が変わってくるでしょうし。


だけど、子どもの問題については外野にやいのやいの言われなくても当人たちが一番考えて悩んでるんですよ。自分たちの人生ですし。
「子ども一人育てるのにかかるお金!」とか「奨学金返済に苦しむ若者!」とかって現状を見せられて、自分の上がらない給料を見て、子どもを持つことに二の足を踏む人は多いと思います。もっと経済的に余裕を持って子どもを迎えたいけど自分たちの年齢もあるし。あんたら外野にまだ?なんて聞かれなくても当人たちは十分悩んでるんだよ!ということだけは伝えたい。


「相手は世間話的に聞いてるだけなんだから聞き流せばいいじゃん」という方もいらっしゃると思います。それはたしかにその通り。だけど自分たちも悩むデリケートな問題だからこそスルーしにくいんですよねぇ。気安く触れてほしくない部分なんです。


私の両親だけは一度も「子どもまだ?」と言いませんでした。本当にありがたかったです。
私たち夫婦のことを気遣ってくれてたんだと思いますが実際は言えずにやきもきしてたんだろうなぁ。

デリケートな問題だからこそ、もうちょっとみんなに配慮があればいいのになと思ったのでした。

 

蛇足ですが一つ愚痴らせて。
妊娠したことにより職場での「子どもまだ?」攻撃は収まったのですが、嫌いな上司からの「赤ちゃんを迎える準備進んでる?」攻撃がめっちゃウザいです。
「赤ちゃん用品何買うか決めた?僕の時はね~」「子どもの名前決めた?そろそろ決めなきゃね!僕の時は~」とか。あれやったこれやった?って聞かれるのは聞き流せば良いんですが、「子どもの名前はこういうのが良いよね!」とかって意見してくるのが面倒で。お前は私のなんなんだって言いたい。上司のことが嫌いすぎて上司の意見を変に気にしてしまいそうで嫌です。気にしないようにしないと。