トントンCHA-CHA-CHA

雑記。妊婦です。

仕事辞めました。引き継ぎがつらかった。

仕事の引き継ぎ相手にはモヤモヤした感情を抱いたままお別れとなりました。
引き継ぎ相手は前の日記にも書いた年上女性。私が中途半端な時期に辞めるのも問題だし、こんな中途半端な時期から引き継いでくれるんだからもっと優しくしなきゃと思うのに、一度苦手だと思った相手には全然心を開けない私の悪いところが全面に出てしまった。この性格はどうにかならないのだろうか...毎日自己嫌悪で最後結構つらかったです。数日間だけだったけど。
ももしかして将来再就職したらこうやって年下につらく当たられるんかな...自分がやった事だから自業自得だけど嫌だな。

年上女性は大人の余裕なのか、私が避けてても普通に話しかけてきて、なんというか、年上怖いすごいとなりました。私だったら絶対無理や。


新しいことを調べたり知ろうとしなくなったらおじさんおばさんの始まりだと思ってて、そういう意味でも年上未経験の人に仕事を教えるのって大変だなと思ったのでした。パソコンの使い方とかエクセルの関数とか、分からないことをすぐに人に聞かずに自分で調べる姿勢って大事。ググったらすぐ出てくるもん。私だって感覚的にパソコン触ってるだけだから人に教えられる正しい操作ができてる自信ないのに教えたくないし。根本的に人に物を教えるのに向いてない。ほんとダメ。


歳を取るとともに新しいことを学ぶのを避けるようになった自覚があります。もうこれ以上WindowsはOS新しくしてくれるな、新しい操作方法覚えたくないからWin7くらいの触り心地で止まってほしいと思ってますし。仕事辞めて高速で錆びていかないようにしなきゃな...何事も調べて知る姿勢...難しい...


あと、引き継ぎ期間が短すぎて焦って引き継ぎを始めたのが悪かった。引き継ぎ期間が短いのは会社の責任なんだから、もっと最低限のことを焦らず教えようとすればよかった。全然覚えてくれない焦りも相手への苦手意識に拍車をかけたと思う。
人に仕事を教えるのって本当に大変なんだなぁとこの歳になって知ったのでした。

 


辞める直前はお腹が張って苦しい日が多く、通勤もしんどかったです。ちょうど苦しさが増してきたタイミングの退職だったので我ながら良い時期を設定したなと思いました。
毎日の通勤電車で何度か席を譲っていただきました。余裕があって立ってても楽ちんな日もありましたが、できたら座りたい...と思う日も多かったので助かりました。ありがとうございました。


仕事を辞めると書きたいことがなくなりますね。今日は汗だくでお風呂掃除しました。お腹が張る。